非常識の隙間に未来の人類解放を見よ。毎日見るだけで思い込みから解放されるニュース速報

人類解放ニュース虹速(にじそく)

カテゴリー

社会の多数派

「この企業は大丈夫」という妄想。やっぱりやりたいことやって生きるほうがいいんだよ。




拡散してね!

「この企業は大丈夫」という妄想。やっぱりやりたいことやって生きるほうがいいんだよ。

ニュースの概要は・・・
・東芝という大企業がつぶれないという妄想によって
・人生計画を大きく狂わせた人々をみて
・絶対につぶれない企業なんてないし、
・「これを我慢したら将来は絶対に収入が上がるなんて保証はどこにもない」
・ことを如実に教えてくれるエピソード

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00000003-moneypost-bus_all

東芝社員と家族の悲劇 住宅ローン審査に落ち、子は塾をやめる
 粉飾決算を繰り返していたことが発覚したうえ、原発事業が巨額の赤字を垂れ流したことなどもあり、経営危機に陥った東芝。その影響は、社員とその家族たちにも及んでいる。
「あの人はどうしてボロボロになってまで東芝に執着するのか、わからないんです」
 そう語るのは、森田博美さん(仮名・40才)。18年前に10才年上の東芝社員である夫と結婚した森田さんだが、当時、彼女の両親は「10才上の夫なんて冗談じゃない。娘の老後が大変なことになる」とふたりの結婚に猛反対した。
「それでも夫の職業を聞くと、そうか、東芝さんか。それなら年金や福利厚生も充分だろうし、倒産もないだろうから、ぜひ結婚してくれ』と手のひらを返してOKが出ました。私も結婚後は東芝ブランドを信じて安心して家庭に入り、子育てに専念しました」(森田さん)
 夫婦の自宅は東京・板橋の両親の土地に建てた二世帯住宅で土地代がかからなかった。その分を2人の子供に注ぎ込み、学習塾のほか、数学や国語の単科やピアノを学ばせて、年間の習い事代はおよそ200万円に達した。現在は2人とも中高一貫の私立に通う。
 夫の年収は年功序列で上がり続け、森田さん一家は何不自由ない暮らしを送っていた。しかし、不正会計発覚とともに生活は激変した。
「不正会計の発覚後、業績が悪化して会社から給与にまつわる『緊急対策』が組合に提示されました。社員の雇用を守るため組合がこの提案を受け入れた結果、毎月の収入が3万円減って、ボーナスが50%カットになりました。夫の年収は一気に180万円も下がり、子供たちを私立に通わせる余裕がなくなりました」(森田さん)
 少しでも家計を助けるため、住宅ローンを安いタイプに変更しようとした彼女は大きなショックを受ける。余裕で通過すると思っていた審査が通らなかったのだ。
「以前は金融機関で『夫は東芝です』と言えば、どんな審査でも間違いなく通してもらえました。それなのに、今はまったく信用がなくなってしまったことは大きな衝撃でした」(森田さん)
両親からは「東芝だから結婚させたのに」
 
 思い描いていたハイソな生活がぶち壊しになったと嘆くのは、宮川雅子さん(仮名・55才)だ。夫は東芝本社の営業畑で勤続30年以上。入社間もない夫と職場結婚したとき、将来の不安は微塵も感じなかった。
メーカーは若い頃のお給料が低いけど、収入が確実に上がって福利厚生も手厚いので、将来はすごく豊かな生活ができると信じていました。“安定”を絵に描いたような生活を思い描いていたんです
 事実、夫の上司たちは、優雅な暮らしを送っていた。
「東芝のエリート社員は30代後半から40才そこそこで主任か課長になり、マイホームを購入します。さらに部長職になると海外勤務があり、海外赴任中は手当などで収入が倍になるうえ、日本に残した持ち家を賃貸に回してローンを完済できます。海外赴任から帰国後に新しい家をもう一軒購入するのが、当時の出世コースに乗った社員たちのステータスでした」(宮川さん)
 幸い、夫は順調に出世して課長に昇進した。海外出張が多く、年間80日ほど家を空ける夫の代わりに、宮川さんは家を守って2人の子供を育てた。当時、夫のボーナスは260万円あった。
 だが、東芝の業績は急激に悪化した。それに伴って、夫の給料は大幅にカットされた。
「不正会計が発覚した時のボーナスは13万円でした。いちばん羽振りがよかったときの20分の1ですよ。思い描いていた人生設計が妄想に終わってしまったことを思い知りました」(宮川さん)

もちろん大丈夫な大企業もあるけど、

・なぜ大丈夫なのかをきちんと説明できるのかどうか

これが大事。

東芝の場合、粉飾決算なので数字を見るだけじゃわからなかったかもしれないが、
業績の数字と人件費が明らかに合っていないということは、
数年前から社員であればわかるはず。

だけど、「東芝だし大丈夫っしょ」
みたいな根拠のない妄想を抱き続けた結果・・・

こうなるわけ。。。

人生を誰かの思惑に支配されるな。
誰かの思惑を自分の思惑で支配せよ!
そう、まるで支配していないようにふるまい、
支配されていないよういふるまい、
心の中で人生の重心は常に自分自身においておくべし!

20代酸いも甘いもいろいろ経験した女装おじさん(アラサー)
からの提言ですw

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-社会の多数派

Copyright© 人類解放ニュース虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.