社会情勢まとめ読み!2ちゃんねるまとめのまとめ

2chまとめアンテナポータル虹速24(にじそく)-2ちゃんねるまとめのまとめ-

カテゴリー

【ドイツ】日本人選手を「寿司の国」と形容したレポーター炎上 視聴者から人種差別と苦情殺到





クリマラ+マレフェMtFリピート率No.1女性ホルモン剤セット
黄体ホルモンと卵胞ホルモンをセットで完結



1 名前:ラニナミビルオクタン酸エステル(宮城県) [US]:2021/03/10(水) 23:37:24.77 ID:cmrXdVb20

「すしの国」は差別なのか サッカー・室屋成選手への発言でレポーター炎上、独ネットも二分
indrexブンデスリーガ・ハノーファーでプレイするDF室屋成選手が出場する試合で、レポーターが用いた「すしの国(land der sushis)」という表現が差別発言だとして炎上。当人が「差別の意図はない」と反論する一方で、ドイツ国内の反応は割れています。

独スポーツメディア「Sportbuzzer」の報道によると、問題とされた発言は6日に行われたエルツゲビルゲ・アウエ戦でのもの。室屋選手のシュートが外れたことへレポーターのヨルグ・ダールマン氏が「(入れば)ハノーファーで初ゴールになっていたでしょう。最後に点を入れたのは、すしの国のことでした」とコメント。これを室屋選手や日本人への差別と捉えた視聴者から苦情が殺到し、ダールマン氏は放送局「スカイ」からの降板が決定しました。

Twitterを見ると、ドイツ国内でも「すしの国」は差別なのかについて意見が割れています。あるユーザーは「人間を食べ物扱いするなんて」と、日本を「すしの“住む”国」と表現したことに激怒。ステレオタイプな見方や、他人種をモノ扱いすることは白人至上主義やアジア人を見下す考えに基づくものだと批判しています。

別のユーザーはこの意見に「イギリスはサッカー誕生の地で、フランスはワインの国だろうに」「(ドイツでよく食べられる)イモと呼ばれて怒るのか」と慣用表現としてとらえ反論。ダールマン氏も自身のInstagramに「自動車産業の国で驚くようなことが起こっている」と皮肉を投稿し、あらためて「差別的な意図はなかった」と主張しました。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2103/09/news115.html

続きを読む


管理人
掲載媒体:痛いニュース
※本ページの抜粋内容に関する著作権は掲載媒体様及びそれに準ずる権利者様に帰属します。
【ドイツ】日本人選手を「寿司の国」と形容したレポーター炎上 視聴者から人種差別と苦情殺到

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI




Copyright© 2chまとめアンテナポータル虹速24(にじそく)-2ちゃんねるまとめのまとめ- , 2022 All Rights Reserved.