カテゴリー

アマゾンレビューの「数」でわかる書籍の「部数」




拡散してね!


今はなんでも屋になってるアマゾンですが、最初は「ネット書店」として登場しました。いまでも書籍は、彼らの主力商品のひとつだと思います。

私も 10年前に文筆家としての活動を始めて以来、10冊以上の本を出しているのですが、それらの販売部数はかなりバラバラです。

最初からよく売れる本もあれば、10年くらいたってあらためて売れ始める本もあり、もしくは、最初はよく売れたけど、1年くらいで売上が止まってしまう本もあります。

んが、

この、書籍の販売部数って、出版社と著者くらいしか知らなくて、他の人にはどの本がどれくらい売れているのか、よくわからないでしょ。

10万を超えてくると帯の宣伝コピーや新聞広告にそう書かれ、

20万部、30万部と増えてくると、交通広告(地下鉄の中とかの広告)が出たりして部数がわかり、

100万部突破! など、超のつくベストセラーになると、テレビや新聞などメディアで取り上げられたりもするので、

「すごい売れてるんだなー!」ってことはわかるけど、

それ以外だと、どの本がどれくらい売れてるのか、マーケット側からはよく見えないんです。

んが、

実は(いくつか条件はあるものの)ある程度、外部から販売部数を推測できる指標もあります。

それは!

アマゾンのレビューの数、なんだよね。

たとえば、下記のグラフは私がこれまでに出版した本の「部数」と「アマゾンのレビュー数」の相関グラフです。

(縦軸が部数、横軸がアマゾンのレビューの数(いずれも昨年12月始め時点)で、○印が私の書籍)

相関係数など計算するまでもなく、すごい高いレベルで相関してるとわかりますよね。

f:id:Chikirin:20210117225657j:plain

しかもさらに細かく見ていくと、より深い事情もわかります。

たとえば、下のほうに赤い○印がふたつありますよね。

この赤丸は、KDPという「著者=私が、出版社を通さずに直接だしたキンドル電子書籍」なんです。

このふたつ、やや相関から外れてて、「部数のわりにレビューが多い」もしくは「レビューが多いわりに、部数が少ない」状態です。

なんでか?

理由は、「読者が全員、キンドル読者である」ため、「レビューが増えがち」だからです。

キンドルって読み終わると「レビューしましょう!」的なメッセージがポップアップするんだよね。

だからKDP本は紙の本より「レビュー率」が高いというわけ。

★★★

また、右下の(でも線より上に)、ピンクの○印が 3つありますよね。これらは先ほどの例と反対に、

「部数は多いのに、レビューが少ない」もしくは「レビューは少ないのに部数が多い」状態です。

なんでか?

実はこのグラフにおける「部数」とは、実際に売れた部数ではなく、印刷部数なんです。

もう少し正確にいうと「紙の本に関しては印刷部数、電子書籍に関しては販売された部数」ですね。

本来、レビューの数は「販売部数」と相関するはずなんですが、このグラフでは(代替として)印刷部数が使われています。

このため「印刷したものの売れずに残っている本=在庫の多い本」の場合、データがラインの上側に乖離します。

ピンクの○印、3つのうちのひとつは、つい最近、増刷されたばかりの本です。

そんな、増刷されたばかりの部数が既にぜんぶ売れたりしてるはずはなく、店頭や出版社の在庫になってます。

また、残りのふたつについては、最後に増刷されてから、かなり時間がたってます=最近はあまり増刷されていません。

ってことで、「最後に増刷された後、あまり売れておらず、在庫として残ってる」ものと思われます。

★★★

最後に、右上のほうにも「相関からズレてる本」がいくつかあるんですが、これらは順調に(今でも定期的に)増刷を重ねている本なので、在庫が滞留してるわけではありません。

おそらく、ラインの上にずれてる本は、「あまりレビューを書かないタイプの人たちによく売れている」んじゃないかと。たとえば経営者とか・・・

反対にラインの下にずれてる本は、とてもキンドル比率が高い本なので、それが原因で下側にブレてる(レビューが増えてる)んだろうなと思ってます。

今後は電子書籍比率の高い本がさらに増えていくと思うので、年数がたてばどの本も、上記分析よりは「レビューが多め」になっていくんでしょうね。

★★★

このように、飛び離れ値にはなんらか考えられる理由があるので、もし、電子書籍と紙の書籍を分けてデータ入力できたり、増刷タイミングからの期間をパラメーターに加えたり、さらには印刷部数ではなくPOSを通った部数(販売部数)で分析できれば、さらに相関レベルは高くなるんじゃないかと思います。

なお、レビューの良し悪し(褒めてるかけなしてるかや星の数)はあまり関係ありません。

読まれなければ、褒めることもけなすこともできませんし、アンチコメントは人気のある本にしかつかないからです。

つまり、本のレビューに関して重要なのは「中身ではなく数」なんです。

★★★

で!

この相関が正しいとすれば、誰でもアマゾンのレビューの数をみれば、その本の売れてる部数が推定できることになります。

たとえば、

レビューが 1000ちかい本といえば、
『シン・ニホン』   レビュー数=951
『ライフ・シフト』   808
など

さらに大きなベストセラーになると、レビュー数が数千にも登ります。
『嫌われる勇気』   4,492
『Factfulness』    3,216

これらの本の部数をご存じの編集者もしくは著者の方、それらが上記の相関グラフのラインに乗っているか、ぜひ検証してみてくださいな!

★★★

ちなみに、数多くの本を出されている同一著者の本でも(私の本がそうであるように)案外、星の数はバラけています。

たとえば、
堀江さんの本には、レビュー数が 1000を超えてるのもあれば、100を超えない本もあるんです。

それと、
勝間さんの最初の頃の本、かなりの部数売れてると思うのですが、レビュー数は上記の相関と比較するとかなり少なめです。

これは、「当時はまだ、レビューをアマゾンに書くという習慣が定着していなかったから」じゃないかな。

つまり、この相関が効くのは、ここ10年くらいに出版された本、ということになります。

また、小説や実用本(ダイエット本やレシピ本など)についても、この関係は当てはまらないと思います。

小説好きな人はアマゾンではなく読書メーターなど専用サイトや、自分自身の読書ブログをもっていて、そっちにレビューを残す人が多そうだし、

「おなか周りの贅肉を取るための本」とかは・・・レビューを書きにくかったりしそうでしょ。

加えて書籍以外では「やらせレビュー」「ライバル商品を狙ったけなしレビュー」が横行してるアマゾンなので、レビュー数がなにかの目安になるとは思いません。

むしろ「商品の種類からみて、考えられないほど多くのレビューが付いているガジェット」とか、個人的には怖くて買えないです。

と、様々な制約があり、使えない分野も多いのですが、少なくとも私の本に関しては、部数と(アマゾンの)レビュー数というのは、非常に高い相関にある、ということでした。

他の本がどうなっているのか、出版社の方や本を出してらっしゃる著者の方、ぜひチェックしてみてくださいな。

f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium
 そんじゃーね

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0c7112d6.051a43f9.0c7112d7.afe6ccea";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1547148224237";


管理人
掲載媒体:chikirinの日記
※本ページの抜粋内容に関する著作権は掲載媒体様及びそれに準ずる権利者様に帰属します。
アマゾンレビューの「数」でわかる書籍の「部数」

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI

最近の投稿




相互RSS











Copyright© 社会アンテナポータル虹速24(にじそく) , 2021 All Rights Reserved.