人間レペゼン。十人十色、まるで虹のようだね

人間観察news虹速(にじそく)

カテゴリー

社会の少数派

福岡市「制服を考える会」詰め襟やセーラー服に「苦痛」「選べることが必要」 #LGBT




拡散してね!

福岡市「制服を考える会」詰め襟やセーラー服に「苦痛」「選べることが必要」

出典元:https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/406930/

LGBTなど性的少数者を支援する団体や弁護士、教員などでつくる任意団体「福岡市の制服を考える会」は同市博多区で7日、活動報告会と勉強会を開き、約30人が集まった。出生時の性と認識上の性が異なるトランスジェンダーの大学生も登壇し、経験を語った。

出生時は女性で、「性自認」が男性の石崎代表は、出生時が男性で性自認が女性の大学生ミサキさん(19)=仮名=と対話形式で中高時代の経験を語った。
 石崎代表は「セーラー服を無理やり着させられる夢を30歳になって見た。制服の経験は尾を引く」と告白。ミサキさんは「高校では詰め襟が苦痛だった。制服が選べるのは良いこと」とした上で「だからといって私の場合はスカートをはかない。自分は女性だと認識している人が皆スカートをはきたがると考えるのも間違い」と性の多様性を認めることの重要性を強調した。

クリハラチアキ
制服を選べるのがいいよね。
たしかに、トランス女性が全員スカートをはきたいとも限らない。
トランス男性が全員ズボンをはきたいとも限らない。
「選べる」でいいじゃんね。
拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-社会の少数派

Copyright© 人間観察news虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.