毎日の常識崩壊や新時代につながるニュース

SHARE NEWS PORTAL-虹速(にじそく)

カテゴリー

女性 社会の多数派

【悲報】卵子の数で人生設計させられる女子高生。ライフプラン教育は「早く産め」と昭和的家族観の押し付けか




拡散してね!

【悲報】卵子の数で人生設計させられる女子高生。ライフプラン教育は「早く産め」と昭和的家族観の押し付けか

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010001-binsider-soci

高校生を対象にした「ライフプラン教育」が盛んだ。ライフデザイン教育、ライフキャリア教育とも呼ばれ、進学や就職だけでなく、結婚や出産など人生のイベントも踏まえて将来の計画を立ててもらうのが特徴だ。
卵子の数で人生設計させられる女子高生--ライフプラン教育は「早く産め」と昭和的家族観の押し付けか【他の写真を見る】
授業は主に家庭科、保健体育、ホームルーム、総合学習で行う。2016年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」に推進策が盛り込まれたのをきっかけに、文科省も「ライフプランニング支援推進委員会」を設置。ライフプランを立てるときに何を知りたいかなど、高校生へのヒアリングを重ねてきた。
だが授業内容を見ると、国の少子化対策のために結婚や出産を礼賛するトーンが強い。多様な人生の選択肢を示すというよりは、昭和的な家族観の押し付けになりかねない内容となっている。
前面に「未来のパパ&ママを育てる」
北海道『高校生向け少子化対策副読本 北海道の少子化問題と私たちの将来について考えてみよう』
秋田県『少子化を考える高等学校家庭科副読本 考えようライフプランと地域の未来』
京都府『子育て学習プログラム』       
岡山県『未来のパパ&ママを育てる出前講座』
これは地方自治体が独自につくった高校生向けのライフプラン教育の教材(副読本)とカリキュラムの一例だ。タイトルから、北海道と秋田県は「少子化」、京都府と岡山県は「子育て」を重視していることが分かる。

クリハラチアキ
しょーもな。
結婚前提のライフプランを無限の可能性がある高校生に押し付けてる教育。
害悪でしかないなぁ。。。。。。

管理人
結婚、子供を産むことだけが立派な大人だっていう
洗脳がまだまだありますね

クリハラチアキ
そうだよ。
結婚なんてしたきゃすればいいし、
したくなきゃしなけりゃいいのにね。

結婚してないとはんぱもの、
してると立派。
意味不明。

結婚してて縛られてる人もいれば、
結婚をして解放されてる人もいる。

少なくとも、結婚して自由が少なくなってそれで人生がつらいなら
しなきゃいいし、今すぐ離婚すればいい。
なんでそんないやなものを何十年もやり続けるのかがわからん。
もっともっと頭を柔らかくして考えるべきだわ・・・


管理人
少子化とかどうなります?そうすると

クリハラチアキ
いいじゃん・・・
結婚する人が0になるわけじゃないし、
子供を産みたい育てたい!っていう人もいるんだし。
人口減少は先進国の当たり前の現象。
人口が減っても地球レベルだとそれはいいことなんだよ?しかも。

管理人
たしかにねぇ・・・

 

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-女性, 社会の多数派

Copyright© SHARE NEWS PORTAL-虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.