非常識の隙間に未来の人類解放を見よ。毎日見るだけで思い込みから解放されるニュース速報

人類解放ニュース虹速(にじそく)

カテゴリー

女装/男の娘/NH

【語られない闇】性別変更を後悔。安易なSRSはマジで注意したほうがいい。




拡散してね!

 出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000046-asahi-soci

自分は性同一性障害だと考えて戸籍上の性別を変えたが、やはり適合できず元に戻したくなった――。性別変更をする人が増えるにつれ、こんな悩みを抱える人が出てきた。再変更は現在の法律では想定されておらず、ハードルは高い。専門家からは「何らかの救済策が必要」との声も出ている。

 神奈川県茅ケ崎市の40代元男性は2006年、戸籍上の性別を女性に変えた。それをいま、強く後悔している。家裁に再変更の申し立てを繰り返すが、「訴えを認める理由がない」と退けられ続けている。

 幼い頃から吃音(きつおん)に悩んでいた。疎外感を抱いていた00年ごろ、性同一性障害の人たちと交流する機会があった。「自分たちの存在を認めないのはおかしい」と訴える姿がとてもポジティブに映った。「自分も同じ(性同一性障害)だ」と考えるようになり、03年にタイで男性器切除の手術を受けた。

 04年に一定の条件を満たせば性別変更が認められる特例法が施行されたため、心療内科を受診。十数回の診察を経て、複数の医師から性同一性障害の診断を受けた。横浜家裁に性別変更を申し立て、06年7月に変更が認められた。だが、すぐに後悔に襲われた。男性だった時には簡単に見つかった仕事が、女性になってからは断られ続け、性別を変えたためだと感じるようになった。弁護士に再度の性別変更を相談したが、「今の制度では難しい」と言われたという。

SRSにより性器切除をしたものの、激しい後悔に襲われている・・・

こんなSRS済トランスジェンダーを何人か私も知っています。
もちろん、「大変満足」という方もいますが、
「大変満足」側にフォーカスされすぎている現状。

【後悔してる人もいる!?】性転換SRS手術をした実感/感想-ポジティブな ...

でも述べていますが、SRSをしたことを後悔する方もいます。

・SRSは100%理想のかたちで成功するとは限らない
・再度性器をつけることは不可能な不可逆的な手術
・身体的なリスクが非常に高い

など、非常にリスキーな人生選択になります。

そして、何よりも、

・AGや完全なGIDでもないのに、「SRSをすれば人生が変わる」
という何の根拠もないポジティブ論に傾倒し、SRSを行う

非常に危うい判断を行う方もいます。。。

この方を責めるつもりもなにもないですが、
結局「逃げのモルヒネ」で行うネガティブなSRSは絶対にやめるべき。

・SRSをやったって変わるのは「性器がなくなるということ」
・性別変更要件(日本国内法における)を満たしうる

ということだけです。

スキルや今後の人生をどう変えていくかは男性時(SRS前)と全く同じ。
自分の努力以外では絶対に成し遂げられません。

SRSの苦痛により自殺までしてしまう方もいます。
SRSを全否定するつもりもないし、実際にSRSで幸せになっている
トランスジェンダーも多数います。

しかし、それだけじゃない闇の部分、
マイナスのリスクもしっかりと把握したうえで、人生選択を行いましょう。

オネエ局長くりりん(♂♀)
不可逆というリスクは本当にすごい大きい。。。
虹の凡人・トサガナン(♂)
ですね・・・
オネエ局長くりりん(♂♀)
結局、責任を自分に置かないとダメなの。人生は。
SRSする理由も社会のせい。
SRSをして仕事をゲットできないのも社会のせい。
性別のせい。
結局、何もかも自分以外のせいにしたほうが人間は楽だもの。
でも、それじゃ何も変えられない。

男性性器があることが本当につらくて、
外見だけでも女性になり、女性として社会生活を送ることが
最上の達成であり、その一点豪華主義であれる本当のGIDさん以外は、
SRSは安易にしないほうがいいと個人的に思います。

 

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-女装/男の娘/NH

Copyright© 人類解放ニュース虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.