カテゴリー

24時間テレビさん、コロナ阻止のためにスタッフ最低3回PCR検査し、 2億円以上も費やす




拡散してね!
日テレ・24時間テレビ「感染者出すな」の大号令 PCR検査費用は2億円以上
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2091066/

 1978年から毎年夏の風物詩として生放送されてきた「24時間テレビ」が、最大の危機を迎えている。原因は、もちろんコロナだ。
 
 同局は万全を期すため、厳戒態勢を敷いた。まず、番組制作にかかわるスタッフや出演者ら全員に対し、PCR検査を実施したという。

「スタッフの数は1000人あまり。1人の検査代は約3万円です。それでも感染にはタイムラグがあるので、1度だけでは意味がない。
最低3回のPCR検査をスタッフ、出演者及び関係者に義務付けました。出演者らと濃厚接触が想定されるスタッフには何と4回。これだけで2億円以上の経費がかかっています」(日テレ関係者

それだけではない。両国国技館にはPCR検査の陰性証明を所持していない関係者は、立ち入れないシステムになっている。

「当日は1か所に限定された会場入り口に防護服に身を包み、検温器とバーコードリーダーを手にした医療スタッフが待機します。
検温が終わるとバーコードでPCR検査の陰性履歴を読み取る。物々しい雰囲気なので、チャリティー感がまったくありません(笑い)」(同関係者)

 同局が億単位の費用を投入してまでコロナ対策に全力を注ぐ理由は、番組で感染者を出さないためにほかならない。万一、クラスターが発生すれば、番組存続の危機だからだ。

 だったら、やらなければいいのに…と誰もが思うが、すでに多くの出費を強いられている中、
見込まれる広告収入までが手に入らなくなると、日テレの経営が傾きかねないという。

「今年4~6月期の連結決算は、コロナの影響で前年同期比81・7%減です。
出演者は今回リスクが大きいので、例年よりギャラが多く、検査などコロナ関連の支出がのしかかっている。絶対に成功させなければならないんですよ」(同関係者

世間の反応

 それよりも 意味不明な今年のアチアチ募金マラソン見てよ
・ ランナーは高橋尚子
・ 明確なゴールはない
・ 施設内のトラックを延々と走り続ける
・5 km 毎に10万円募金
・ なお募金するのは高橋尚子本人
・ 高橋へのギャラは推定1000万前後と噂されている

>>それなら高橋尚子に10万持たせて開店からパチンコ打たせた方が効率良さそう
>>走れば走るほど取り分が減る企画絶対ウソだわ
>>基本プラス出来高やろなぁ
>>意味がわからない…それをやる理由はなんだ?

絶対に負けられないってなんやねん
辞めろ言われてるのに勝手に自分で勝負してるだけやん

40回も放送して未だに地球救えないの?
>>救ってんのは日テレやぞ40年持ってるからすごいことやで

一回中止にしたらスポンサー離れるからな

博打やなクラスター発生したらどうするんや
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1597877191/

管理人
2億円なんて営業コストみたいなもんだろ
拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI

最近の投稿




相互RSS











Copyright© 社会アンテナポータル虹速24(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.