人間レペゼン。十人十色、まるで虹のようだね

人間観察news虹速(にじそく)

カテゴリー

痛い・どんまい 自然・災害

創業112年の老舗うなぎ屋さん、創業以来守ってきた「秘伝のたれ」が雨で流される




拡散してね!

豪雨災害に見舞われた熊本県人吉市では、創業112年の老舗うなぎ店「上村(うえむら)うなぎ屋」が浸水した。

 観光客らが行列をつくることもある人気店。創業以来守ってきた「秘伝のたれ」が、泥水とともに流れた。

 「見る影もなくなっちゃったね」。9日朝、泥水が床一面に広がる一室で、店を切り盛りする上村恵子さん(68)がため息をついた。5日前まで厨房(ちゅうぼう)だった場所には、作業台や食器が散らばっていた。

 上村さんは4日午前7時ごろ、自宅から従業員4人と店の様子を見に向かった。着いた途端、ひざ下まで濁流が流れ込んだ。「扉閉めて!」。従業員の叫び声が響くなか、水は扉を突き破った。慌てて3階に避難したが、数分で2階の床上30センチほどにまで達した。

 水が引き始めた午後3時ごろ、1階に下りると、たれが入った鍋はひっくり返り、中身が流れ出して空っぽになっていた。水槽を泳いでいた約200匹のうなぎは大半が逃げたり死んだりし、残っていたのは3匹だけだった。

 上村さんの夫で、3代目店主の由紀穂(ゆきほ)さん(70)は家の浸水で店にたどり着けなかった。店内を見たのは5日昼。「涙も出ない、言葉も出ない。笑うしかなかった」

 店は由紀穂さんの祖父が1908年に始めた。午前7時に店に入り、仕込む。毎日200匹のうなぎをさばき、昼には恵子さんの手作り弁当を2人で食べるのが数十年来の日課だった。

 たれは祖父の代から受け継がれた店の宝。鹿児島や宮崎産のうなぎを炭火でじっくり焼き上げ、仕上げにさっと塗ることで、甘じょっぱい味になる。地元客や観光客に人気だった。

2020年7月12日 15時10分 朝日新聞デジタル
https://news.livedoor.com/article/detail/18561246/

世間の反応

112年という歴史を売りにできなくなるから店からしたら死活問題なんやろ
>>創業112年を売りには出来るだろ。
最近始めた訳じゃ無いから、串うち3年焼きは一生だ。

二ヶ月あったら同じタレになるで
>>歴代店主たちの血と汗と涙が染み込んでないやん

歴史を語るものだからなぁ味は作れるやろ

継ぎ足しタレって意味あるんかな

科学的には数年で完全に入れ替わるらしいし問題ないやろ
>>じゃあそもそも継ぎ足しとか言う謎の手法やる必要あるんか
>>客は情報を食ってるだけだからね
>>味が安定するんちゃう?新品繰り返すよりは中古のままの方が変化はなさそう

逃げたうなぎ君はどこいったんや

普通に気の毒なニュースや

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1594545884/

管理人
2か月でタレいれかわるなら、2か月また営業すりゃええやん
拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-痛い・どんまい, 自然・災害
-

Copyright© 人間観察news虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.