毎日の常識崩壊や新時代につながるニュース

SHARE NEWS PORTAL-虹速(にじそく)

カテゴリー

コンプレックス・病気 トレンド・流行

スウェーデン、コロナ死亡率上昇も「集団免疫戦略は変えない」。公衆衛生局「だって死んでるの施設のジジババだけじゃん、問題ない」




拡散してね!
ロックダウンに頼らない独特の新型コロナウイルス対策で知られるスウェーデンで、感染者が増え続けている。

死亡率は4月30日時点で12%超。これは、現在の感染拡大の中心地で死者数も最多のアメリカ(約5.8%)、
ウイルスの発生源とされる武漢市がある中国(約5.5%)と比べても2倍以上の高さだ。

新型コロナウイルスの感染拡大を抑える対策としては、北欧諸国も含むヨーロッパの多くの国が全国的な封鎖措置を取り、
厳しい移動規制を敷いている。こうしたなか、スウェーデンは全国的な移動規制や外出制限をしないという独自路線を貫いており、
ストックホルムの通りの人でもカフェの客入りも一見、普段通りだ。その「緩い」対策は、世界的にも論議を呼んできた。

新型コロナウイルスの感染拡大に対するスウェーデン独自の対策は、ウイルスにさらされる人の数を増やすことで「集団免疫」を形成し、
感染拡大の第2波を防ぐという作戦の一環だとされている。

スウェーデン公衆衛生局の疫学者であるアンダース・テグネルは4月下旬にBBCラジオの番組に出演し、
「我が国の死者のうち少なくとも半数は、高齢者施設の中で集団感染した人々だ。封鎖をすれば感染拡大を阻止できる、という考え方は理解しがたい」と主張。
スウェーデンの方法は「ある意味で功を奏している。私たちの医療システムが崩壊に追い込まれていないことがその証拠だ」と述べた。

「経済を守り、可能な限り店舗閉鎖や従業員の解雇を回避することも重要だ。そうしなければ、ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)がもたらす
二次的なダメージによって多くの人が死ぬことになるか、医療に必要なリソースが減ってしまう可能性がある」

異例の対策には、国内の一部専門家から批判の声も上がっている。カロリンスカ研究所のセシリア・セーデルベリ・ナウクレル教授(微生物病因)もそのひとりだ。
「今すぐストックホルムを封鎖する以外に選択肢はない。国が完全な混乱状態に陥ることがないように、
状況をコントロールすることが必要だ。外出制限をしないという方法は、これまで誰も試していない。それなのになぜ、国民の同意なしに、
スウェーデンが初めてその方法を試さなければならないのか」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00010007-newsweek-int&p=1

世間の反応

 高福祉国家の自浄

利用してやがる

スウェーデンは感染者数や死亡者数ではなくGDPだけ見ればいい

福祉負担軽くなりそうさすが高福祉国家

最終的にどれだけの人数が健康体でいられるか興味あるな

これから毎年な自分の番がくるまでカウントダウンするかカレンダー作っとけよ

まあ、自然淘汰ってやつか

命の選別は必要ってことか

いくら独自性大好きなスウェーデン人でも家族がどんどん亡くなっていったら批判が増えるんじゃないの

高福祉で財政やばかったもんなこれで解決やな

コロナ使った老人ジェノサイド

ノーガード戦法の効果てきめんだな
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1588331718/

管理人
言い方よw
拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-コンプレックス・病気, トレンド・流行
-

Copyright© SHARE NEWS PORTAL-虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.