人間レペゼン。十人十色、まるで虹のようだね

人間観察news虹速(にじそく)

カテゴリー

コンプレックス・病気 トレンド・流行

新型コロナは「陰性」だったとしても肺の奥深くで「変種のウイルス」が潜伏!さらに「血栓」を促進し、脳梗塞にもなりやすくなる模様




拡散してね!

新型コロナウイルスに感染してから回復したあと、診断検査で陰性が出たとしても、変種のウイルスが肺の中に奥深く潜伏している可能性があるという研究結果が国際学術誌“セル”に掲載された。

「コロナが治っても変種ウイルスが肺の奥深くに潜伏」=学術誌に掲載(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース

30~40代の新型コロナウイルス患者が脳梗塞を併発するケースが相次ぐ
ウイルスが異常な血栓を作る⁉報告の日本人医師に聞くメカニズム
若年層で受診が遅れるケース 脳梗塞の全症例でウイルス検査を実施

日本人医師が警鐘…新型コロナウイルスが「血栓」促進か 米で若年層の脳梗塞相次ぐ

世間の反応

 

やばすぎwww
もうダメだな
肺の洗浄って苦しそう
>>ECMOが無いと無理
人類破壊ウイルス
兵器としての側面から見ると物凄く優秀ではある
心臓麻痺はコロナと関係ないんでしょ
>>コロナが血栓を作ってどうたらこうたらと言い始めた…
>>コロナは最初に肺を侵し、次に全身に回るんだよ
>>新型コロナは、血管(循環器系)へのダメージが強い。症状も 肺炎なおったから完治ってわけじゃないみたい。
>>てっきり、呼吸器系と思ったら、循環器系の疾患かもしれない
管理人
もしこれが事実だとしたら、だったらなおさら自粛解除だろ・・・。
いつまで経済破綻させるんだって話。
経済回しながら特効薬の開発を待つしかないだろ。
拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-コンプレックス・病気, トレンド・流行
-

Copyright© 人間観察news虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.