人間レペゼン。十人十色、まるで虹のようだね

人間観察news虹速(にじそく)

カテゴリー

人工知能・自動化 仕事・労働

AIで来店客数予想、的中率9割福井の和菓子店導入、廃棄ロス軽減




拡散してね!
 
和洋菓子製造販売の御素麺屋(本社福井県福井市松本3丁目、小寺洋太郎社長)は、人工知能(AI)を活用した来店客数の予測システムを導入した。過去3年分の日々の来客数、翌日の天気や気温などの気象情報、曜日などから、翌日~45日後の来客数をはじき出す。本格導入からまだ1カ月だが的中率は約9割で、食品廃棄ロスの軽減や従業員の適正配置に威力を発揮している。

 三重県伊勢市で食堂や土産物店を営む「ゑびや」が開発したAIシステムを導入、11月から運用している。同社は自社の食堂でシステムを活用し、売上高や利益率を大幅に伸ばし、開発したサービスを全国の小売店や飲食店に販売している。小寺社長(38)が昨年12月、ゑびや社長の講演を聞いたのをきっかけに導入を決めた。

 松本本店、大和田店、堀の宮店(いずれも福井市)の全3店舗で運用。例えば、11月28日の松本本店の来客数は、前日に119人と予測し、実際は115人で的中率96・6%だった。午前9時半の開店から同11時まで、同13時までというように2時間ごとの来客数も予測する。小寺社長は「的中率は90%前後。外れることもあるがAIが学習して次第に精度は上がっていくだろう」と話す。

 従来は経験と勘で来店者数を予測し、商品を発注していた。予想以上に来客が多くて品切れし販売機会を失ったり、商品を作りすぎて廃棄したりということがあり、従業員のモチベーション低下を招いていたという。事前の商品準備を高い精度で行うことで、売り上げ確保や廃棄ロス削減につなげたい考えだ。

 また、来客予測は従業員の勤務シフト作成にも役立つ。11月は仕事の繁閑をみながら人員を配置し、有給休暇の取得が図られたという。

 320年の歴史を持つ御素麺屋の15代目社長に7月に就いた小寺社長。AIシステムの導入に当たっては、県事業引継ぎ支援センターの支援を受け、国の事業承継補助金を活用した。小寺社長は「創業以来、長く続けてこられたのは時代に合わせ、自ら変化してきたから。経験や勘は大事だが、AIやIoTといった新しい技術も採り入れ、顧客サービスや従業員満足度を高めていきたい」としている。

2019年12月17日 午前11時30分 福井新聞
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/994601

世間の反応

マジかよ すげーな来客予想できるならもう経営者だぞ

>>AIと社長が戦い売上で社長負けたら従業員で会社経営できるじゃん社長オワタなw

AI「牛丼屋ワンオペですか?また強盗来ますよw」
>>AI「ツーオペにする人件費は1億増加」
AI「強盗による被害想定は数百万円」どうしますか?

こういうのは良質なデータ次第なんだけど9割なんて設定で変化するし
それが結果に結び付くとは限らないだろ

季節、天気、地元のイベント・・・
コンビニではとっくの大昔からやってること

明日は0人です 明後日も0人です

フェイクじゃないなら真面目に導入したい。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576583197/

人類解放の未来を読み取る

管理人
まじで・・・もう誰もいらないじゃん。。。

クリハラチアキ
楽しいことだけやってればいい時代もうすぐ!

人類解放の書

生きるための付加価値は人間の時間を使わなくてもできる。
そうすりゃ、人類労働解放時代に突入だ!

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-人工知能・自動化, 仕事・労働
-

Copyright© 人間観察news虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.