虹みたいな社会っていろんな人がいるよね( *´艸`)

人間観察ニュース-虹速(にじそく)

カテゴリー

外国人

【香港デモ】中国の監視を避ける、新たな通信手段が広がる




拡散してね!

香港デモ 中国の監視を避ける、新たな通信手段が広がる
2019年09月4日

ジェイン・ウェイクフィールド、テクノロジー記者

香港の反政府デモ参加者たちの間で、新たな「通信手段」が広がっている。中国当局の監視の目をかいくぐるため、インターネットを使わないのが特徴だ。
香港では、中国のソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」でメールやメッセージをやりとりする人が少なくない。
ただ、ウィーチャットでの交信は、すべて中国当局に監視されているとされる。

ブルートゥースで接続

監視を避けたい人々の間で人気が高まっているのが、スマートフォン用アプリ「Bridgefy(ブリッジファイ)」だ。
インターネットを利用せず、ブルートゥース(Bluetooth)で携帯端末をつないでチャットができる。携帯同士が100メートル以内にあれば、接続可能だという。離れた場所にいる人同士でも、間にいる人々の端末を次々と経由して、メッセージを交換することができる。
ここ2カ月のダウンロード数は、それまでの40倍近くに急増していると、調査会社アプトピアは話す。
香港では、インターネットが切断された場合や、「グレート・ファイアウォール」と呼ばれる中国本土の監視システムの対象となることへの対応策として、市民の間で広がっているとみられる。

管理人
また新しい監視手段が開発されるんだろうな・・・

みんなの反応

 

商売繁盛だな

群衆の中に人民解放軍のサイバー隊員いたら、速攻で本国のサーバーにデータ転送されちゃうよ。

中華スマホならOSごと監視してるから意味ないのでは

bluetoothを使っても当局もbluetoothで監視できるんじゃね?
>>それな
>>距離的にかなり大変なんじゃねai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567625969/参考/出典:http://tomcat.2ch.sc

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-外国人
-, ,

Copyright© 人間観察ニュース-虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.