カテゴリー

覚せい剤で逮捕されたキャリア官僚「残業300時間から100時間に減って余裕が出来て鬱になった。でも仕事を続けたいと思って薬を求めた」




拡散してね!

「覚せい剤を使ってでも仕事に行かなければ」麻薬で逮捕された経産省キャリア官僚の悲壮な叫び

東大卒が300時間残業させられるエリート官僚の現実
被告人質問です。まずは弁護人から。なぜ覚せい剤を使用するようになったのかを聞かれ、「数年前からうつ病になって通勤が困難でした」と。「でも仕事を続けたいと思っていて、より効果の強い薬を求めてしまったから」だと。被告人にとっては覚せい剤を抗うつ剤みたいな感覚で使っていたようです。

うつ病になったきっかけについては「労働環境が過酷でした」と話しています。平成25年に経済産業省資源エネルギー庁勤務、平成27年に本省の自動車課に異動。この頃「この仕事を本当に好きでやっているのか」と悩んでいたようです。エネルギー庁での残業時間を聞かれると「平均で月150時間。多い時は300時間でした。1週間泊まり込みもありました」と。

通常の勤務時間を除いた残業だけで300時間ですからね。良い大学を出たら(※被告人は東京大学卒業)楽に稼げるのかと思っていたのに、現実は…という感じでしょうか。経産省の労働環境はいったいどうなっているのか。厚労省はすぐ近くにあるのに、こういった省庁には調査が及ばないのはなぜなのか。

残業が月100時間に減少、心に余裕が生まれてうつ病に
話を戻します。被告人が自動車課に異動になると労働環境は改善されたらしく「多くても残業100時間程度に減りました!」と。しかし、その年の冬に医者からうつ病だと診断されました。エネルギー庁の時は緊張感で耐えられていたけど、残業時間が減った事で心の余裕が生まれうつ病になったと診断されたそうです。

https://lite.blogos.com/article/401703/

管理人
おかしな国になりつつある日本…

クリハラチアキ

みんなの反応

素直に退職しときゃよかったのに

エネルギーってそういう

経済産業省って大変なんか

自殺か薬かみたいな感じやったんやろか

残業代やばそう

いうてその残業内容も本来はやらなくていいようなアホみたいな業務ばっかりやからなー

冷静になるとあかんやつか

かわいそう

省庁って残業無くしたんやなかったんか?

ワイ総合職志望、震える
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1567496085/参考/出典:http://tomcat.2ch.sc

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

最近の投稿

相互RSS











Copyright© 社会アンテナポータル虹速24(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.