常識破壊・奇人・新時代のニュース速報

常識崩壊ニュース虹速(にじそく)

カテゴリー

8/1-8/6迄極めて重い状態になっておりご不便をおかけいたしました申し訳ありませんでした。現在は復旧しております。引き続き虹速をお楽しみください。

女性 社会の多数派

日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感。男性は女性に配慮しつつ迅速な救助を

投稿日:




拡散してね!

心肺停止時には、倒れた人の服を脱がせた上で電極パッドを上半身に貼り、発生から5分以内にAEDによる電気ショックを与えることが必要です(日本救急医療財団『AEDの適正配置に関するガイドライン』)。その際の蘇生率は50%で、5分を過ぎると1分ごとに蘇生率が10%ずつ下がります。日本における救急車の到着時間は平均8.5分。つまり、救急車の到着を待たず、その場に居合わせた人(あなた)が、すぐに対応することが不可欠なのです。

心肺停止という緊急事態が起きたとき、近くにAEDがあれば命を救える可能性が高くなります。でも、倒れた人が知らない人や異性だったら?AEDは、電極パッドを上半身の肌身に直に貼って使用する必要があるため、倒れた人が異性だった際にプライバシーへの配慮が頭をよぎり、躊躇してしまうことも考えられます。心肺蘇生は一刻を争います。少しでも早くアクションを起こすことが、命を救う最大のカギとなります。そこで「つなぐヘルスケア」編集部では、フィリップスメールマガジン読者を対象に、AED使用時のプライバシーに関するアンケート調査を実施しました。

アンケート結果によると、医療従事者以外の一般の人が救助にあたる場合、「AEDを使うために異性に衣服を脱がされること」について、女性の合計86%が不快感、もしくは抵抗感を感じるとの回答結果でした(下グラフ)。さらに、プライバシー配慮については「周りの人から見えないようにしてほしい」という要望も寄せられました。

これらのアンケートの回答をふまえ、日本とアメリカでの救急救命士資格をもつフィリップス・ジャパンの成川憲司に、プライバシーに配慮した対応方法と、実際の場面での流れを聞いてみました。
https://www.philips.co.jp/a-w/about/news/archive/standard/about/blogs/healthcare/20180915-blog-aed-and-privacy.htm

虹の凡人・トサガナン(♂)
めんどくさ・・・
命のほうが大事だろ、どう考えても。。。

オネエ局長くりりん(♂♀)
「死んでもいやだ!!」とかっていう表現あるけど、
まさにこのことだよね。。。
優先順位をちゃんと考えようよ( ;∀;)

みんなの反応

じゃ死んでろ!

じゃあやらない

86%が死ぬ方がいいと思ってるんだから関わるな

心肺停止してたら不快感も何も感じないだろうにw

男はリスクしかないし義務じゃないからやるわけがないわ。

「お客様の中にイケメンはいらっしゃいませんかー!」

命よりおっぱいが大事ならそのまま死ねよ本望だろ

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565611415/

 参考/出典:http://tomcat.2ch.sc

拡散してね!

相互RSS

-女性, 社会の多数派
-,

Copyright© 常識崩壊ニュース虹速(にじそく) , 2019 All Rights Reserved.