常識破壊・奇人・新時代のニュース速報

常識崩壊ニュース虹速(にじそく)

カテゴリー

8/1-8/6迄極めて重い状態になっておりご不便をおかけいたしました申し訳ありませんでした。現在は復旧しております。引き続き虹速をお楽しみください。

社会の多数派

マナー講師「”なるほど”は上から目線だからマナー違反」 #マナー講師

投稿日:




拡散してね!

https://news.livedoor.com/article/detail/15348840/

ビジネスで「なるほど」は控えるべき? 「目上の人の言葉」の声も…マナー講師に聞く

「職場で『なるほど』という言葉は使わない方がよいのか」。このような投稿が先日、ネット上で話題になりました。
「客に相づちを打つつもりで『なるほど』と言ったら、激怒された」という体験談や、「『なるほど』は、相手の意見を評価する意味を含むから、目上の人が使う言葉」「誰に対しても使ってよいと思う」「気にしたことない」「言い方による」など、さまざまな声が上がっています。
 ビジネスシーンで「なるほど」と返答することは、マナー違反なのでしょうか。年間250本以上の講義やビジネスマナーの連載・執筆などをこなし、著書「入社1年目 ビジネスマナーの教科書」(プレジデント社)がベストセラーとなった、マナー講師の金森たかこさんに聞きました。

「上から目線」の印象を与えかねない
Q.ビジネスシーンにおいて「なるほど」「なるほどですね」という返答は、マナー違反なのでしょうか。
金森さん「『なるほど』は、相手の話に対する『同意』『納得』の感情の他、『知らなかったことを知ることができた』というような、相手の話が『理解できた』ということを伝える場合や純粋な相づちなどとして、さまざまなシーンで使われている言葉です。
相手に対する返答として、言葉自体は間違いではないものの、『相手の発言を評価した上で認める』ニュアンスが含まれるため、「上から目線」の印象を与えてしまう可能性があることも事実です。相手に与える印象が特に重要視されるビジネスシーンにおいては、相手によってはマイナスイメージを与えかねないため、慎重に使うべき言葉ではあるでしょう。
なお、『なるほどですね』は『なるほど、そうですね』から来ている言葉だと思いますが、このような略し方は違和感があり、そもそも日本語として正しいものではありません。そのため、ビジネスシーンで使用するのは不適切です」

Q.「なるほど」を特に控えるべき相手とは。
金森さん「マナーの大前提は『相手がどう思うか』を考えることです。『なるほど』は、本人はそのつもりはなくても、誤解を与える可能性のある表現なので、初対面の人やお客様、上司・先輩など目上の方に対しては使用を控えるべきでしょう。その言葉を使ってもよいかどうかは、相手との関係性によって変わってきます。慎重に判断し、失礼な印象を与えないようにしましょう」

Q.同意や納得した気持ちを表す際、ビジネスマナーとして望ましい表現や、振る舞い方について教えてください。
金森さん「基本は、まず『はい』と答えることです。『なるほど』ではなく、『おっしゃる通りです』『そうですね』などは不快な印象を与えず、どんな相手でも使えます。『かしこまりました』『承知いたしました』はさらに丁寧な表現です。
先述の通り、『なるほど』はその言葉一つで、さまざまな意味を伝えることができる便利な言葉ではありますが、どうしても上から目線の印象がつきまとうため、相手から反感を買うなど、誤解を招く可能性も含んでいます。
もし、つい『なるほど』を用いてしまった場合は、単体の言葉として使うのではなく『なるほど、よく理解できました。ありがとうございます』のように、より具体的な言葉を添えて伝えるとよいでしょう。相手に正しく気持ちを伝えるために、“言葉を尽くすコミュニケーション”を意識することで、誤解やクレームなどを防ぐことができます。
コミュニケーションにおいては、態度も重要な情報です。『なるほど』を発する場合でも、表情や態度を意識するだけで印象が全く変わってくるもの。相手に言葉を伝える時は、その言葉が正しいか正しくないかだけに気を取られるのではなく、その言葉を発する時の表情や態度、話し方にも意識を向けることが大切です」
気を付けたい言葉遣い&言い換えフレーズ

Q.その他、ビジネスシーンで気を付けたい「返答」はありますか。
金森さん「コミュニケーションや言葉遣いは、たとえ文法的には正しい表現であっても、画一的な判断しないことが求められます。シーンや相手によって適切な表現をするためにも、日頃から『自分が言われた時にどう思うか』の感覚を知り、学んでおくことが大切です。
返答の場合でも、言葉が持つ印象と、相手が言葉を受け取った時にどう感じるかをイメージすることが不可欠です。例えば『すみません』は軽いニュアンスを含むため、日常生活では問題ありませんが、ビジネスの場での謝罪の言葉は『申し訳ございません』『申し訳ありません』などが適切でしょう。
同様の例に『了解』があります。『了解』は『わかる・わかった』の意味を持つため、『了解』と単体で使っても文法的には問題ありません。しかし、単体だとぶっきらぼうな印象を与えかねず、敬意が不足しているように受け取られる可能性もあります。ビジネスシーンでは『かしこまりました』『承知いたしました』を用いると、まず失礼にはあたりません。
使用することで相手が不愉快になる可能性のある言葉は、最初から使わないのもマナーの一つです。例えば『はい、はい』『わかった、わかった』など、同じ言葉を2回以上繰り返す返答があります。こうした言い回しは、関西地方では日常的によく聞かれる印象がありますが、全国区の表現ではないため、使用の際には相手に不快感を与えないよう要注意です。
また、多くの意味合いが含まれているため、つい便利に使ってしまいがちな言葉に『大丈夫』があります。本来の意味は『間違いがなく、確かである』『危険や心配がない様子』ですが、最近では可能・不可能の意味や、断り文句としての使われ方も定着しています。こちらが伝えたい気持ちとは違う意味に伝わる可能性があるため、上司やお客様に対しての使用は控え、『問題ございません』などその場に合った表現に言い換えましょう」

【覚えておきたい「返答」のビジネスマナー】
×→○
なるほど→おっしゃる通りです、そうですね
すみません→申し訳ございません
了解です→かしこまりました、承知いたしました
あ、いいですよ→はい、かしこまりました
大丈夫です→問題ございません
本当ですか→さようでございますか
わかりません→申し訳ございませんが、わかりかねます
私がやります→私がいたします、私が行います
うん、うん(相づち)→はい、そうですね
(お客様に手土産を頂いた時)どうもすみません→ありがとうございます

虹の凡人・トサガナン(♂)
なるほど!!!!!

オネエ局長くりりん(♂♀)
なるほどですね!!!

みんなの反応

じゃあ何て言えばいいんだよ

おっしゃる通りですとかそうですねで代替できんやろ

こう言う謎ルール作った方が誰かが儲かる仕組みになっとるからしゃーない

マナー講師とかいうこの世に必要ない職業

形式ばったマナーより
相手を尊重し合う気持ちが大事とかそういうのは広めろよ
>>中身のほうが大事だわな
>>意識高い系のマウント合戦やぞ

マナー講師は最低限のマナーだけ教えてろ

なるほど参考になるわ
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1562810096/

参考/出典:http://tomcat.2ch.sc

拡散してね!

相互RSS

-社会の多数派
-, ,

Copyright© 常識崩壊ニュース虹速(にじそく) , 2019 All Rights Reserved.