非常識の隙間に未来の人類解放を見よ。毎日見るだけで思い込みから解放されるニュース速報

人類解放ニュース虹速(にじそく)

カテゴリー

過去コンテンツ(倉庫分。興味ある方はw)

【孤独死】40代独身女性、トイレで排便中に急死。大量の蛆虫が大量にわき、体液がトイレ中に浸透。ハエが大量に発生しており近所の人の通報で発覚。




拡散してね!

孤独死した40代女性が日記に綴った叶わぬ願い
初期の日記には、彼女の闘病への決意が綴(つづ)られていた。
『病気を乗り越えて、人のためになれるようなボランティア活動をしていきたい。そして、幸せな家庭を築きたい』
しかし、その思いは日を追うごとにトーンダウンしていく。
『もっと私が元気だったら……生まれ変わったら、今度は、結婚したい』
さゆりさんのあまりにはかない、そしてささやかな願い──。しかし、それはかなうことはなかった。
そして、亡くなる1カ月前には、自らの病への苦しみや戸惑いを記したものが多くなっていく。

『お腹が痛くて、下痢が止まらず、身動きがとれない……。これからの自分は、どうなってしまうのだろう……』
日記は死亡推定日時の4日前で途絶えていた。
『今日は、お腹が痛くて、あまりよく寝れなかった。倦怠感もひどい……』
それは、さゆりさんが力を振り絞ってしたためた最後の文章だった。さゆりさんは、病気のことを誰にも告げずたった独りで闘病し、最後はトイレの中で崩れ落ちるように息絶えていた。

直接の死因はトイレで排便中にいきんだことによる、急死。しかし、誰も頼る人がいないという状況が彼女をむしばみ、死期を早めたのは明らかだ。
さゆりさんの遺体が見つかったのは、真夏を過ぎて、秋に差しかかった頃だった。
2階の窓から、大量のハエが見えることを心配した近所の住民が、警察に通報して孤独死が発覚。死後3カ月が経過していた。ひと夏を過ぎたさゆりさんの体液は、トイレと脱衣所の床一面に染み渡り、大量のウジとハエが発生していた。
さらに体液はクッションフロアをとうに突き抜けて、ベニヤや断熱材、建物の基礎部分まで浸透していた。遺体が長期間発見されなかった場合、このように、建物の深部まで体液が浸透するケースも多いのだという。

https://toyokeizai.net/articles/-/283081

虹の凡人・トサガナン(♂)
孤独死かぁ。。。

オネエ局長くりりん(♂♀)
これからこういうのは増えるだろうなぁ・・・

みんなの反応

こういう死に方増えてるだろうな
>>その手の仕事してるが、トイレは多いね
>>大島てるが公開してる以外にものすごい数あるよたいてい、人に知られる前に片付けちゃうし

持病はなんだったの
>>30代前半で肝臓の疾患にかかったそうだ

血管キレてそのまま、かと思った俺も他人事じゃないしなぁ

体液ってそんな出てくるんだな干からびそうなもんなんだが
>>男だったら65kg、女だったら50kg前後だし、それが全部腐るとなれば相当なもんだろうよ

安否確認のサービスが流行るんだろうな、今でもいろいろあるようだし
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1558880708/

参考/出典:http://tomcat.2ch.sc

拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-過去コンテンツ(倉庫分。興味ある方はw)
-,

Copyright© 人類解放ニュース虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.