人間レペゼン。十人十色、まるで虹のようだね

人間観察news虹速(にじそく)

カテゴリー

若年層・ゆとり・さとり

【中国】臓器密売業者「腎臓くれたらiPadやるで。腎臓ってなくても大丈夫やで!」→少年、重い腎不全に…




拡散してね!

「金がないから」「欲しいものがあるから」そのような市民の心に付け入り、闇のブローカーが臓器を売らないかと持ちかけるケースがある。
海外の臓器売買については本誌でも何度かお伝えしているが、中国では、iPad欲しさに腎臓を売ってしまった少年がいる。そのニュース自体も話題になったが、ブローカー及び執刀医が逮捕され、闇の臓器売買の実態が明るみなったそうだ。
現在、傷害罪で取り調べを受けているのは3名のブローカーと2名の医師だ。罪状は不法に生体腎移植を行ったことに関わる傷害罪である。
事件が起きたのは2011年4月。iPad2が欲しいと思っていた17才の少年がネットで臓器ブローカーと知り合った。彼らは腎臓を1つ売るだけで報酬として2万元(約25万円)くれるというのである。iPad2を買っても余るくらいだ。「腎臓を取っても大丈夫」、巧みな言葉と大金の誘惑に負け少年は腎臓を売ることを決めた。

 

 

 

管理人
騙されるほうも悪いけど・・・
世の中ってこういう悪い奴らがたくさんいるからな。。。
拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI
 

-若年層・ゆとり・さとり

Copyright© 人間観察news虹速(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.