カテゴリー

虹速TVスタート!

黙々とから揚げ弁当を盛り付ける人型ロボット登場。1時間に600食分の作業量!




拡散してね!

お弁当工場でおかずの盛り付け作業をする人型ロボットが開発された。特徴の一つは「人間との協働作業」。その働きぶりを見てみよう。
黙々とから揚げ弁当を盛り付ける人型ロボット。手の先にあるトングでおかずをひとつだけつかみ上げ、弁当ケースがやってくるまでつかんだまま待機。横についたセンサーで弁当ケースを感知して盛り付けていく。
現状では1時間に600食、盛り付けることができる。一般的な盛り付けの速さである800食が目標だ。
人と一緒に働くことを目指していて、隣の人とぶつかっても痛くないよう力を制御して動いている。
圧迫感がないよう身長は低く、130~150センチの可変式だ。キャスターがついていて移動しやすいのも魅力で、欠員が出た場合はすぐに補充要員として活躍できる。
気になる1体の価格だが、従業員2人を1年間雇った給与と同額程度を目指しているということだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181031-00000051-nnn-soci

クリハラチアキ
すげーーーー!!!!
これが普通になる。
本当に単純労働者が労働から解放される日は近いなぁ!!!!( ;∀;)感涙

 

このニュースに対するみんなの反応

人型過ぎてワロタ

これでニートの社会復帰は絶望

刺身にタンポポのせる仕事している人たち、ピンチだな。

これ仕事というか作業だよね
>>大半の人間が作業を仕事にしてるんだよ

単純作業だとやっぱりロボットのほうが強いよね

ロボットのメリットは
さぼらない
文句を言わない
ミスがない
24時間稼働出来る

人類が単純労働から解放されるならその方がいい
頭脳労働やもっと繊細な物事に集中できる

コンビニの店員もいずれこうなる

20年後には知能低い人間の仕事はないだろうね
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541049115/

虹言:このニュースからミライ・フラット化をひもとくと?

クリハラチアキ
単純労働者が労働から解放されても困ることはない。
なぜなら、付加価値は生み出されるから、
みんなが楽しく生きられる!!!!
仕事がなくなる!なんてネガティブなことじゃない。
好きなことを好きなだけできる時代になる。
いわゆる「モチベーション格差時代」がやってくる!
拡散してね!

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI

最近の投稿




Copyright© 社会アンテナポータル虹速24(にじそく) , 2020 All Rights Reserved.