社会情勢まとめ読み!2ちゃんねるまとめのまとめ

2chまとめアンテナポータル虹速24(にじそく)-2ちゃんねるまとめのまとめ-

カテゴリー

【飛行機】ストロベリーアレルギーの乗客「他の乗客にも提供しないで」チーフパーサー「ほかの乗客200人の迷惑はどうなる?迷惑で不快、他の方法で帰れよじゃあ」




英ランカシャー州ボルトン・バイ・ボウランドに住むクロエ・フィッツパトリックさん(19歳)は、恋人マシュー・ヒッグソンさん(21歳)と英航空会社「Thomas Cook(トーマス・クック)」を利用してギリシャのザキントス島(ザンテ島)でのホリデーを楽しんだ。行きのフライトは何の問題もなかったクロエさんだったが、帰りのフライトで予期せぬトラブルに見舞われた。
生後10か月の時に重度のストロベリーアレルギーと診断されたクロエさんは、万が一の時に備えて常にエピペン2本を持ち歩いている。どんなに気を付けていても年に2~3回はアナフィラキシーショックを起こしており、今回の旅行でも細心の注意が必要であった。そのため行きのフライト同様、CAにアレルギーのことを伝え配慮を願ったクロエさんだったが、チーフ・パーサーにあたる女性から屈辱的な対応を受けたという。
搭乗時にクロエさんから事情を聞いた2人のCAは、ベリー成分が含まれるマグナーズ・ベリーサイダーやロゼ・ワインを機内サービスで他の乗客に提供しないという同意をした。
ところがチーフ・パーサーは「あなたのアレルギーのせいで機内サービスが制限されるなんて、200人の乗客にとっては甚だ迷惑であり非常に不快だ。エピペンを持っているのなら、問題ないだろう。もしくは降機して他の方法で帰ればいい」とクロエさんに反論した。
思ってもいない対応を受けたクロエさんはショックで思わず涙すると、マシューさんが「フライトでのサービスを重視して、乗客の命のリスクは顧みないのか」と詰め寄った。
さらに他の女性CA2名の説得もあったことから、最終的にチーフ・パーサーは渋々クロエさんの搭乗を承諾し、「重度のアレルギー患者が同乗しているため、ストロベリー成分の含まれた食品は一切機内では販売しない。また、フライト中はストロベリーの飲食を控えて頂きたい」と機内アナウンスを流したが、最後まで不快さを隠さなかったチーフ・パーサーの対応に、クロエさんは酷い侮辱を受けた気持ちになった。
https://japan.techinsight.jp/2018/09/ellis07470926.html

虹速キャスター優里(ゆうり)
これは難しい。

でも伝え方ひとつで変わるはず。

その人に寄り添いながら、
でも伝えることは「200人の自由を奪えないので、ほかの乗客までは制限できない」ってことなんだけど、
心1つ寄り添う言い方をするだけで全然違う。。。

伝え方が9割なんだわ。

 

このニュースに対するみんなの反応

みんなの反応

他の人が飲み食いしてるのもだめなのか。
確かに迷惑。

難儀な乗客やね。

この人は飲食店に行っても同じこと言うの?

自分の病気を押し付けるのなら、他人の迷惑も考えろ

仕事なら仕方ないがまわりに迷惑かけてまで旅行するな

アレルギーで生命の危険があるのは事実だが
それに配慮するために他者が不利益を受けるのも事実だからな

これはチーフアテンダントが正しいだろ。
なんでこいつのために他の200人が迷惑被らなきゃならないんだ?
中にはロゼが大好きだからサービス受けられなかった分の損害賠償を要求する、
って客がいてもおかしくないぞ

俺がパーサーならこう言うね「お客様、翼の上へどうぞ」

https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538220646/

女性の反応

これを拡散する「私かわいそう」女の典型ね

男性の反応

200人の不自由よりも1人の自由ってか?ふざけんな

 

虹言:このニュースから得られる新しい虹の格言

このニュースを一言でいうと

自由とは「他人の自由を害しない範囲内」でのみ担保される
でもそれは「質的」なのか「量的」なのか
非常に難しい判断

1つだけ言えるのはその判断の際に、
「やさしさと愛」を持ってほしい。

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI




Copyright© 2chまとめアンテナポータル虹速24(にじそく)-2ちゃんねるまとめのまとめ- , 2022 All Rights Reserved.